水は、世界中の人々の生活と健全な生態系に不可欠です。また、当社にとっては製造プロセスに欠かせない天然資源でもあるため、責任ある水の消費と管理に細心の注意を払う必要があります。

キャボットでは事業全体で水を節約するように努めており、排出する前に排水を適切に処理することで周辺環境の悪化を防止しています。また、耐久性に優れた水配管へのマスターバッチ材料の使用や、浄水システムにおける活性炭製品の使用など、水資源の節約と保護に役立つ製品の用途開発も進めています。 

2020 年、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) の影響により、生産と絶対的な水使用量の両方が減少しました。ですが、生産と同じ割合で水の量が減少したわけではありません。生産レベルに関係なく、多くのプロセスを効果的に機能させるためには一定量の水が必要だからです。その結果、当社の 2020 年の取水強度は、2019 年度比 9% 増加となりました。今後、水の目標プログラムが成熟し、生産量が通常レベルに戻るにつれて、この傾向は逆転すると予想しています。