エネルギー

キャボットのエネルギーに関する取り組みは、効率性と最適化を通じて価値を創出するという企業戦略と一致しています。

Energy Chart

キャボットは、エネルギー効率の向上が直接的および間接的な排出削減と経済的な利点の実現につながることを理解しています。当社の製造プロセスはエネルギーに大きく依存しているため、キャボットでは、エネルギー消費の削減とプロセスの過程で失われることが多い廃エネルギーの利用を通じて、全体的なエネルギー強度の削減という目標を達成する方法を模索しています。 

キャボットでは、化石燃料への依存を解消する代替エネルギー源を検討しつつ、効率改善を達成する主要手段として、設備、プロセス技術、廃熱の回収と利用における新たな革新に力を入れています。

新型コロナウイルス感染症の世界的流行による世界経済の減速は、エネルギー強度 (効率の低下) とエネルギー比 (量の低下) の両面において当社のエネルギー性能に影響を与えました。しかし、このような状況でも、キャボットは 2020 年に全体的なエネルギー強度を約 2% 改善することに成功しました。この改善は主に、約 950 万ギガジュールの絶対ベースで横ばいであったエネルギー輸出が、製品強度ベースで 16% 以上増加したことに基づいています。これらの改善は、Louisiana 州 Franklin (米国) のカーボンブラック施設での 1 年間の熱供給によるものが大きく、生産量の減少によって必要となったエネルギー強度の増加を十分に相殺するものでした。