エネルギー

エネルギー効率を追求することで、エネルギー消費削減によるコスト削減を実現して運転最適化の企業戦略をサポートできるようになっています。

キャボットは、製品製造のために必要なエネルギーを減らすよう、これからも進化していきます.エネルギー強度 (製品 1 単位を製造するために必要なエネルギー量) を、2005 年の基準年から 2025 年までに 10% 削減する目標を定めました。