取締役会

キャボットの取締役は、化学業界に関する広範な知識を持ち、戦略的計画、国内外の市場と事業、経営、会計と財務、リスク管理、企業ガバナンスおよび公開会社のリーダーシップと監視の分野における経験を有しています。

取締役会は、キャボットの株主によって選出され、経営に重要な手腕を発揮します。取締役会は株主への長期的な価値を保証するために、全社的な戦略の方向性の見直し、最高経営責任者 (CEO) の選出、後継者の育成、会社と CEO の両方の業績監視、年間事業計画と長期戦略の承認を行います。

取締役は経営陣とも協力して、キャボットの長期的な成功を促進するために、企業家精神、程度なリスクの受容、投資を促します。取締役会は、倫理基準、公正な取引の原則、プロ意識、誠実さ、法的要件への準拠、および倫理的に健全な戦略的目標を優先させる企業文化を積極的に構築します。



バイオグラフィ

Cynthia Arnold

Cynthia A. Arnold

所属委員会: SHE & サステナビリティ

着任: 2018 年

任期満了: 2024 年

2011 年から 2017 年に引退するまで、世界的な塗料およびコーティングメーカー、The Valspar Corporation の最高技術責任者を務めていました。在職中、8 つの Valspar 事業全体のグローバルテクノロジー部門におけるテクノロジー戦略、プロジェクトポートフォリオ、組織開発を担当しました。2011 年の Valspar 入社以前は、Sun Chemical Corporation の最高技術責任者を務めていました。ミネソタ大学の化学工学および材料科学科の諮問委員会メンバーおよび Carbon 3D 社の材料諮問委員会メンバーです。また、ミネソタ動物園の技術タスクフォースの取締役会および共同メンバーでもあります。


Douglas G. Del Grosso

Doug Del Grosso

所属委員会: 監査

着任: 2020 年

任期満了: 2024 年

車両シートメーカーである Adient 社の社長兼最高経営責任者です。Adient 入社前は、2016 年から 2018 年まで株式非公開の自動車部品サプライヤー Chassix 社の社長兼最高執行責任者を務め、2012 年から 2015 年までは、自動車用シーリングおよび防振システムメーカー Henniges Automotive の社長兼最高経営責任者でした。それ以前は、TRW Automotive に 5 年間在籍し、グローバルブレーキおよびサスペンション事業の副社長兼事業部長を務めました。TRW Automotive 入社前は、Lear Corporation で 20 年以上にわたり多様な経営上の役割を果たし、最終的には社長兼最高執行責任者を務めました。彼は、ローレンス工科大学で機械工学を専攻して理学士号を取得し、ミシガン州立大学で経営学修士号を取得しています。また、Reggie Jackson Foundation の理事会および実行委員会のメンバーでもあります。


Juan Enriquez

Juan Enriquez

所属委員会: SHE & サステナビリティ(議長)、ガバナンス & 指名

着任: 2005 年

任期満了: 2023 年

2003 年から生命科学研究投資会社 Biotechonomy Ventures の取締役会長兼最高経営責任者、2008 年 3 月から生命科学投資会社 Excel Venture Management の取締役を務めています。それ以前は、2001 年から 2003 年までハーバードビジネススクールで生命科学プロジェクトの責任者を務めました。現在はさまざまな新興企業の取締役会のメンバーでもあります。


Sean Keohane

Sean D. Keohane

所属委員会: 執行

着任: 2016 年

任期満了: 2023 年

2016 年 3 月、キャボットの社長兼最高経営責任者に就任。キャボットに入社したのは 2002 年で、カーボンブラック事業を担当しました。それ以降、機能製品事業グループの事業部長や、カーボンブラック事業のグローバル マーケティングディレクター、上級副社長兼高性能素材事業部長、補強剤部門のトップなど、いくつかの重要な管理職を歴任しました。キャボット入社前は、United Technologies の一部門である Pratt & Whitney で勤務し、さまざまな統括管理職を経験しています。また、米国内外および州レベルでの化学ビジネスを代表する事業者団体、米国化学工業協会の理事会メンバーでもあります。ハーバード大学で MBA、プロビデンス大学で経済学の BS を修得しています。


William Kirby

William C. Kirby

所属委員会: 報酬

着任: 2012 年

任期満了: 2023 年

ハーバード ビジネス スクールの経営管理学 Spangler Family 教授であり、ハーバード大学の中国研究 T.M. Chang 教授です。2008 年 7 月以降、この職に就いています。2006 年 7 月以降、ハーバード大学名誉教授、ハーバード大学フェアバンク中国研究センター長、ハーバード中国基金の委員長も務めています。1992 年からハーバードの教職員であり、ハーバードの史学科長、ハーバード大学アジアセンター長、文理学部長、フェアバンク中国研究センター長を務めています。また、非分散クローズドエンド型管理投資会社 The China Fund, Inc. と、分散クローズドエンド型管理投資会社 The Taiwan Fund, Inc. の取締役会のメンバーも務めています。


=

Michael M. Morrow

所属委員会: 監査(議長)、報酬、ガバナンス & 指名、執行

着任: 2017 年

任期満了: 2022 年

1977 年に公認会計士事務所、PricewaterhouseCoopers (PwC) に入社し、2016 年 6 月にパートナーシップを解消しました。以来、2017 年 6 月 まで PwC のコンサルタントを務め、在任期間中は監査と全体リレーションシップ パートナーの両方を担当し、さまざまなリーダーのポジションと重要なガバナンスの役割も務めました。PwC の全世界パートナー役員会の役員を務め、PwC の米国パートナー役員会の筆頭役員でした。また、以前はウェイクフォレスト大学ビジネス スクールおよびロードアイランド大学ビジネス スクールの理事会役員も務めていました。


Sue Rataj

Sue H. Rataj

所属委員会: 執行(議長)、ガバナンス & 指名(議長)

着任: 2011 年

任期満了: 2022 年

2018 年 3 月、キャボットの非常勤取締役会長に選出されました。

2008 年 4 月から 2011 年 4 月の定年退職まで、世界的エネルギー企業 BP の石油化学品事業の最高責任者として、BP の石油化学製品事業において世界的な責任を担っていました。それ以前は BP でさまざまな上級管理職を経験し、最近では 2007 年 7 月から 2008 年 4 月まで精製およびマーケティングのグループ副社長を務めました。また、ライフ サイエンス市場、診断市場、応用化学市場で機器、ソフトウェア、消耗品を研究所に提供する世界的なリーダー企業、Agilent Technologies, Inc. の取締役会のメンバーでもあります。以前は世界的なライフ サイエンス企業 Bayer AG の監視委員会のメンバーで、2017 年の満了時まで 5 期にわたって務めました。


Andy Wilson

Frank A. Wilson

所属委員会: 監査

着任: 2018 年

任期満了: 2022 年

2009 年から 2018 年に引退するまで、ライフサイエンス診断、発見、分析ソリューション企業 PerkinElmer の最高財務責任者兼上級副社長でした。PerkinElmer 入社前は、12 年間にわたってライフサイエンスおよび産業コングロマリット Danaher Corporation で、投資者関連部門のコーポレートバイスプレジデントを含め主要な事業開発および財務の役割を歴任しました。これ以前は、AlliedSignal (現在の Honeywell International) に数年間勤務し、財務担当副社長を務め、Commercial Aviations Systems の最高財務責任者を務めました。また、PepsiCo、E.F. Hutton and Company ならび KPMG Peat Marwick で財務および管理における責任ある地位を歴任しています。彼は、完全に統合されたグローバルなバイオ医薬品企業 Alkermes、および非常に高い精度と性能を提供するコア技術ソリューションとサブシステムの医療および高度な産業機器 OEM サプライヤー Novanta の取締役会メンバーです。さらに以前は、Cerberus に買収された、高度かつ洗練された電気機械装置プロバイダー Sparton Corporation の取締役会メンバーおよび監査委員会委員長を務めていました。彼は公認会計士でもあります。


Matthias Wolfgruber

Matthias Wolfgruber

所属委員会: ガバナンス & 指名、報酬(議長)

着任: 2014 年

任期満了: 2022 年

2007 年から 2016 年 1 月に退職するまで世界的な特殊化学品会社 Altana AG の最高経営責任者を務めていました。Altana には 2002 年、Altana Chemie AG の社長兼最高経営責任者として入社し、Altana AG の理事会のメンバーを務めました。Altana に入社する以前は、1985 年から 2002 年まで、米国および欧州の Wacker-Chemie で多くの管理職を経験しました。Altana Ag の監視委員会のメンバー、亜鉛合金製品と化学製品を提供するメーカーおよびサプライヤー Grillo-Werke Ag の監視委員会のメンバー、そして合成ゴムと化学中間体の世界的大手メーカー Lanxess Ag の監視委員会のメンバーです。


Christine Yan

Christine Y. Yan

所属委員会: SHE & サステナビリティ

着任: 2019 年

任期満了: 2024 年

Stanley Black & Decker のインテグレーション担当副社長として Nelson Fastener Systems の統合を成功に導き、2018 年に退任しました。これ以前は、中国の上海に拠点を置く Stanley Black & Decker のアジア社長および Stanley Storage and Workspace Systems の社長を務めていました。彼女は 1989 年にエンジニアリングインターンとして Black & Decker でキャリアをスタートし、2006 年に Global Automotive for the Engineered Fastening Business の社長に就任、同社初の女性ビジネスユニットの社長になりました。また、Modine Manufacturing Company、ON Semiconductor および Ansell Limited の取締役を務め、Goldman Sachs の中米国間産業協力パートナーシップの諮問委員会のメンバーです。中国山東省の山東大学で理学士号、ミシガン州デトロイトのウェイン州立大学で機械工学の修士号、同州アナーバーのミシガン大学ロススクールオブビジネスで経営学の修士号を取得しています。