インクジェット着色剤 & インキ

商用用途のカスタム インキ配合に加えて、デスクトップおよび商用製品向けのインクジェット顔料分散液が使用されます。

キャボットのインクジェット着色剤製品ラインは 1996 年に開発され、デスクトップ インクジェット市場で利用されている水性顔料分散液の市場リーダーです。カーボンブラックの表面改質に関する当社の優れた能力がこの成功を支えてきました。また、数十年にわたる微粒子技術の専門知識を活用して、高性能の各種顔料分散液の提供を続けています。

CAB-O-JET® 製品ラインは、インクジェット インキ開発業者向けの優れた印刷性能、安定性、耐久性、および柔軟性を実現する、ユニークで独自の安定化テクニックを基礎にしています。それにより、高い性能と使いやすさにおいて最適な選択肢になっています。インクジェット市場の進化につれて、当社の製品ポートフォリオも進化します。当社の顔料と微粒子技術の専門知識を活用することで、商用印刷用途の顔料およびデジタル インキに関する、市場をリードするサプライヤーになることができました。 



プロダクトスチュワードシップはキャボットにおける優先事項です。レスポンシブルケア (Responsible Care®)、ISO、EU REACH、そのほかの規制の情報については、キャボットの認証および申請文ライブラリからダウンロードしてください。

受賞と表彰