サプライヤーのサステナビリティ

世界中に広範なサプライチェーンを持っているため、当社は、パートナーとのビジネスのやり方を改善することによって、地球や社会への総体的な影響を向上させるチャンスが数多くあると考えています。

当社の購買チームは、サプライチェーンを管理するあらゆる側面を担当しており、品質、継続性、効率性、リスクの軽減を確保するため、長年サプライヤーと緊密に協力しています。これらの努力を支援するために、チームは、サプライヤー行動規範が確実に守られるための条件と方法を検討するために、毎年訓練を受けています。その際、サプライヤーが責任を持ってビジネスを行うことをもっと期待できるようにします。継続的な改善の精神で、サプライヤーの持続可能性の有意義な管理方法を確立するため、2017年は多くの時間を費やしました。この取り組みは、既存のサプライチェーンマネジメントの実践に持続可能性を十分統合するための提案を収集するために、購買、サプライチェーンのロジスティクス、各ビジネスセグメントのニーズに関する専門知識を同僚に身に着けてもらうことから始まりました。また、これを既存のイニシアチブを見直し、積極的な持続可能性の成果をもたらした活動をカタログ化する機会としても使用しました。これらの内部成功事例は、ベンチマーク業界のベストプラクティスから収集した情報と組み合わされ、持続可能なサプライチェーンマネジメントのための戦略を策定する貴重なガイドとなりました。 

私たちが考案した戦略の重要な側面は、サプライヤー品質監査のために既存の慣行を拡張して、監査プログラムを展開することです。この監査プログラムのパイロットは2018年に予定されています。また、サプライチェーン全体の社会および環境慣行を改善するための新しいチャンスを明らかにするために、社内部署間だけでなくサプライヤーとも協力関係を継続していきたいと考えています。