再活性化サービス

当社では初期炭素に加え、食品や飲料、ガスと空気、廃水、飲料水、化学物質などの市場で利用できる再活性化した活性炭も提供しています。

使用済みの粒状活性炭または押出し活性炭をリサイクルすると、初期炭素を使用する場合に比べ初期コストを削減できるだけでなく、焼却や埋め立て処分による廃棄コストも排除できるため、これは環境に責任を持てる方式といえます。再活性化は、廃活性炭をリサイクルし、初期炭素として販売できる手法です。  

GAC (粒状活性炭) には無限の再活性化特性があり、わずか 10% の炭素を補給すれば、廃活性炭を元の吸着能に戻すことができます。再活性化された炭素には、以下のような数多くの経済的および環境的な利点があります。

  • 初期炭素よりも約 40% コストを削減できる
  • 吸着された汚染物質の加工流通過程管理を終了することで、顧客の法的責任を最小化できる
  • 廃活性炭の処理および廃棄のコストが不要になる
  • 回収資源とみなされるため、廃棄物最小限化の環境クレジットを申請できる
  • 温室効果ガスが初期炭素の製造プロセスに比べて 20% しか発生しないため、サステナビリティ目標の達成に役立つ

キャボットでは温度 850° C 以上の特殊なキルンを使用したオフサイトの熱活性化処理サービスを提供しています。使用済み炭素は北米、欧州、およびアジア太平洋地域にある最先端の再活性化施設で再生されており、当社では廃活性炭を必ず 97% 以上の吸着能に戻しています。キャボットの再活性化専用施設は、飲料水処理および食品業界のほか、排水処理、ガス処理、および化学用途からの特定の種類の使用済み炭素を処理するよう設計されています。

再活性した自社の炭素の再利用、炭素プールや共有プログラムへの参加、使用済み炭素と初期炭素との交換など、まざまなプログラムをご用意しています。またバルクタンク車両、バルクコンテナ、バルクバッグなど、炭素の適切な輸送および取扱い方法の選択もお手伝いいたします。