プロセス水

飲料製造、エネルギー、生命科学、マイクロエレクトロニクスなど数多くの業界やプロセスが、厳格な業界のプロセス要件を満たすため、キャボットの粒状活性炭 (GAC) に依存して浄水を行っています。

photo-water-processing

こうした業界は自治体の水道水に頼っており、水道水には多くの場合有機汚染物質が含まれています。こうした汚染物質は何よりも、工場の効率性や資産、血液透析患者の治療に使用される水の安全性、医薬品の製造に必要な水の純度、マイクロエレクトロニクスや太陽光発電、および単純にボトル入り飲料水の味わいに悪影響を与える可能性があります。 

こうした重要な用途において、活性炭はプロセス水の純度要件を満たすために有機汚染物質および化学汚染物質を除去する際の、最も信頼性が高く利用しやすい技術と見なされています。こうした用途には、以下のようなさまざまなものがあります。

ボトル入り飲料水、飲料、醸造所

自治体の水処理施設における、残留塩素、クロラミン、硫化水素、および過酸化水素の研磨、酸化、低減。

精製所や発電所

’高純度の均一なコンデンセート、シリカの常に低い浸出レベルによるボイラー内の熱抵抗の排除、コンデンセートからの鉱物油の効率的な除去、ボイラーの給水に対するコンデンセートの戻りの最大化。

超純水

医薬品。 塩素、クロラミン、および有機物を除去して下流の RO (逆浸透) 膜を保護し、創薬、開発、および製造に適した感染リスクがない水を提供。

マイクロエレクトロニクス。 粒子、イオン性汚染物質、無機物の除去および TOC (全有機体炭素) 値の ppb (10 億分の 1) 未満への調整
によりお客様が半導体、フラットパネルディスプレイおよび太陽光発電業界において収率を改善し、ライフサイクルコストを節約しやすくなります。

血液透析。 腎機能に障害のある患者の血液透析治療に使用される超純水を提供するための必須手順として、水から有機汚染物質、塩素、およびクロラミンを除去。

水産養殖と海洋牧場

淡水および塩水環境での養魚場から発生する芳香族多環式炭化水素 (PAH)、ホルモン、および残留薬剤の吸着。

スイミングプールの水

スイマーの目、鼻、呼吸などを刺激するクロラミン、消毒副生成物、および塩素・窒素化合物を吸着し、有害なおそれのある汚染物質に関する規制基準の達成を支援。