圧力スイング吸収装置

活性炭を利用すると、加圧ガスの浄化をカスタマイズできます。

photo-pressure-swing-absorbers

専用の再生装置が圧力差の原理に基づいて動作することで、水素または窒素の浄化が行われます。一部のガスは、高圧下のほうが活性炭による吸着率が高まります。あるガスがフィルタを通り抜けると、そのフィルタが低圧にスイングするときに別のガスが放出されます。こうしたシステムは圧力スイング吸着ユニットと呼ばれ、厳密にクリーンな水素、メタン、二酸化炭素 (CO2)、窒素、その他のガスが必要となる多くの業界で利用されています。