食用油

粉末活性炭 (PAC) による処理は、動物または人間による消費を目的とした植物油および魚油から多環芳香族炭化水素 (PAH)、ダイオキシン、ポリ塩化ビフェニル (PCB) などの汚染物質を除去するために利用されています。

キャボットの活性炭製品は、PAH 除去に関する規格に沿って設計されており、HACCP (危害分析重要管理点) の定める品質管理規定に基づいて製造されています。