粉体塗料

粉体塗料は、流動性の良好な乾燥した粉末を使用します。液体塗料とは異なり、粉体塗料ではバインダーと添加剤を分散液の形態に維持するための水または溶剤を必要としません。

粉体塗料は静電的に付着させてから、熱硬化によって流動させて塗膜を形成します。粉体塗装を施すと、従来の塗装よりもはるかに丈夫な硬度の高い表面仕上げとなり、優れた耐薬品性と耐環境性が得られます。キャボットのヒュームド金属酸化物は、粉体塗料の色性能、処理特性、応用性、および機械的特性の向上に効果を発揮します。

粉体塗料用途にキャボットの SpectrAl® ヒュームドアルミナおよび CAB-O-SIL® ヒュームドシリカ製品を使用すると、帯電性、流動性、流動化、ブロッキング防止の効果があります。通常、摩擦塗装プロセスにはヒュームド アルミナを使用し、コロナ塗装プロセスにはヒュームド シリカまたはヘキサメチルジシラザン (HMDZ) で処理されたヒュームド アルミナのどちらかを選択します。

粉体塗料で濃い黒または着色を可能とする専門的なカーボンブラック製品の広範な製品ラインもご用意しています。漆黒度、安定性、扱いやすさ、処理の容易さなどの要件や好みに応じて、キャボットの製品ラインから最も適した製品を選択できます。



ヒュームド金属酸化物

製品名 製品の説明 データシート SDS
CAB-O-SIL® CT-1111G 粉体塗料用途など流動性と流動化性能の向上を必要とする粉体用に特別に設計された流動化添加剤。
CAB-O-SIL® CT-1221 粉体塗料用途など流動性と流動化性能の向上を必要とする粉体用に特別に設計された流動化添加剤。
SpectrAl® 100

ヒュームド シリカと似た形態の高表面積のヒュームド アルミナで、多くの特性や機能もヒュームド シリカと似ています。 光学特性、熱特性、電気特性、および電荷特性については、ヒュームド シリカと異なります。

特殊カーボンブラック

製品名 製品の説明 データシート SDS
EMPEROR® 1200

溶剤系製造のミルベース手順で、色性能の向上、分散剤負荷の低減、およびカーボン ブラック負荷の増加を実現するプレミアム カーボン ブラック顔料です。 粉体塗料での取り扱い、供給、および分散が容易です。

EMPEROR® 1600

溶剤系製造のミルベース手順で、色性能の向上、分散剤負荷の低減、およびカーボン ブラック負荷の増加を実現するプレミアム カーボン ブラック顔料です。

EMPEROR® 1800

自動車など濃い黒の水性マストーン塗料向けの高濃度ブラック顔料。

EMPEROR® 2000

水性自動車用塗料で優れた性能を発揮するために特別に設計された顔料ブラックです。 この製品は独自の化学的表面処理を採用して、高漆黒度、ブルーの底色、光沢、および DOI を実現します。 また、従来の高濃度カーボン ブラックとは異なり、独自の表面処理によって分散が容易になり、塗料の安定性が向上し、耐候性が改善されます。

MONARCH® 1000

高性能自動車、工業、建築の塗料用途に強力な比着色力のある優れたジェット マストーンを実現するように設計された小粒子処理済み特殊ブラック顔料。

MONARCH® 1300

この顔料は、自動車用ベース塗料など高色特性を必要とする液体塗料および粉体塗料向けに設計されています。 溶媒系と水溶液系の両方で、高色濃度と強い底色特性を発揮します。

MONARCH® 700

漆黒度とブルー トーンのバランスが取れた粉末カーボン ブラックで、中濃度ブラックから高濃度ブラックの用途に最適です。

MONARCH® 800

高漆黒度が要求される自動車の外装および内装、電子、器具、および事務機器の用途で、色と粘性のバランスを取るカーボン ブラックです。