環境実績

Drive to Zero の取り組みは、すなわち負傷ゼロ、漏えいゼロ、および違反ゼロが可能であるという考え方が基礎となっています。この考え方および取組みはキャボットの運用文化に組み込まれており、安全、健康および環境 (SH&-E) 方針における中心的テーマとなっています。

環境要件を100%遵守することへの当社のコミットメントは、責任ある企業価値の実証と、近隣のコミュニティや自然環境の幸福を守る方法です。グローバル企業として当社は、最新の科学研究、政府による優先順位の変更、環境全体の改善を目的とした市場の変化など、さまざまな理由で環境規制が進化するのを目撃してきました。その結果、当社は施設に影響を与える規制の進化を綿密に監視し、要件を一歩先立って徹底的に遂行しています。当社は、これらの基準を満たすことで当社の実績を日常的に監視し、過去数年間に環境不適合(ENC)水準を削減することに成功しています。キャボットでは、ENC を報告すべき漏えいまたは放出、違反の報告、一般からの苦情または許容範囲逸脱と定義しています。

当社の “Drive to Zero” 活動の一環として、すべての ENC は防止できるという考え方を持ち続けています。キャボットは、これらのイベントから学び、根本原因調査の結果を組織全体で共有し、装置の更新、手順の修正、ベストプラクティスの採用、重要な環境コンプライアンス実践に関する社員トレーニングによって ENC の数を削減し続けます。