煙道ガス処理

当社の製品は、金属精錬所、製鋼所、工業用ボイラー、セメント窯、発電所などから出る煙道ガスの最新の排出基準を満たしています。

焼却は長年にわたり、一般廃棄物や有害廃棄物を安全に処分するための効率的かつコスト効率のよい方法として利用されてきました。しかし近年では、環境への懸念が高まる中でより包括的な再検討が行われた結果、エネルギー施設への廃棄物、金属精錬所、製鋼所、工業用ボイラーセメント窯、発電所などから出る煙道ガスに含まれる排出物に関する新たな規制が制定されています。

当社のエンジニアは、特に煙道ガスの汚染物質を効率的に除去するための活性炭開発の専門家です。キャボットはお客様との協力のもと、ボイラーのタイプや燃焼効率、燃料源、公害防止設備の構成、煙道ガスの温度といったお客様の施設の特徴を理解し、ニーズに適した炭素製品、装置、およびプロセスのパッケージを選択していただけるようお手伝いしています。

キャボットは煙道ガス処理用の活性炭製品を初めて導入した製造業者です。当社の粉末活性炭 (PAC) のユニークなメソ細孔構造は、素晴らしい吸着特性を備えています。つまり最低の注入速度で最高の除去効率を実現できるため、処理時間が短縮され、輸送コストも減少します。キャボットはその技術力、信頼性、供給の保証、および技術革新により、多くの煙道ガス業界で優先的に選択されるサプライヤーとなっています。煙道ガス浄化用の PAC の世界的な市場リーダーとして、キャボットでは質の高い注入設備および技術的サポートを提供しています。



キャボットは、より少ない量で、しかも、より良質な温ブライン化学を含有する活性炭を推奨しています。 

「臭素は発電所から排出される水銀対策に有効」と、Chemical & Engineering Newsで紹介されています。
記事を読む