社員

キャボットの「Drive to Zero」活動は、世界中で負傷ゼロを達成するという究極の目標を反映しています。私たちは安全と健康における会社の成長に誇りを持っており、負傷率は全世界の化学品製造組織の中で最も低いレベルにあります。

安全で健康的な作業条件は人間の基本的な権利です。また、キャボットの施設における高い労働安全性と健康維持プログラムの維持は当社の文化の中核です。当社は、業界でのリーダーシップと、当社役員に承認されている安全性、健康、および環境 (SH&E) の方針で重視されている SH&E 実績において卓越することに取り組んでいます。当社の目標は、安全実績において同業他社の上位 10% に入ることです。この経営トップの取り組みとサポートによって、社員、請負業者、市民、および地域社会に対するマイナスの影響を最小限にするようにビジネスを進めていくように努めています。したがって、キャボットの全社員と請負業者は安全トレーニングを受けており、全施設は、健康および安全に関する適用可能なすべての法律ならびに地域の規制を上回ることもあるキャボットの基準を満たす、安全性プログラムを用意することを求められています。

キャボットでは、内部監査、禁札施錠、転落防止、タンク内作業などの主要な生命安全基準に重点を置くことによって、事故発生件数の減少に継続的に取り組んでいます。キャボットの全施設では毎年、これらの項目を含む SH&E 基準の遵守状況を調査し、是正行動計画によって必要な変更を実施しています。

安全の決定的な重要性を強く認識するため、毎年、全社的にグローバルセーフティーデイを開催しています。これは優れた安全実績を実現したことを称え、ベストプラクティスについて論じ、“Drive to Zero” プログラムを再確認する日です。このプログラムは、個人の安全であれプロセスセーフティーであれ環境事故であれ、あらゆる事故は防止可能であると革新する意欲をかき立ててくれます。