実績

安全、健康、および環境 (SH&E) 担当上級副社長 Martin O'Neill による、サステナビリティに関する最新の取り組み。

photo-our-commitment-performance-highlights

当社は、環境要件を遵守するだけでなく、当社の影響を減らすために積極的なアプローチをとるべきという責任を十分に認識しています。現状に挑戦し、効率を高め、業務を最適化し続ける中で、それは常に中心にあります。この点での当社のリーダーシップは、中国と米国の製造事業における排出削減への投資を、競争相手に先んじて行ったことに現れています。以上のことは、私たちが呼吸する空気の質を向上させるために、よりクリーンな技術ソリューションの必要性を十分にサポートする位置に当社を置いたのです。 


世界の製造拠点全体で当社の継続的な投資は、2025年の環境目標に向けて当社が前進するのを助けてくれます。現在までの実績は次の通り。  

  • 排出削減目標に向かった着実な進歩、NOX と SO2 の排出量は、 当社の目標の93%と26%をそれぞれ達成しました。これらの削減をさらに進めるため、今後数年間でさらにいくつかのプロジェクトが計画されています。 
  • 廃熱回収への継続的投資は、エネルギー温室効果ガス 強度の両目標での進展を可能にし、現在、目標達成までの道のりの34%と41%のところにいます。  
  • 当社の廃棄物削減 目標を達成し、廃棄物削減に関連した新たな目標を打ち立て、有益な利用のために廃棄物を活用することによって、さらに挑戦する選択肢を模索しています。  
  • 当社の 使用量と排出量を詳しく分析し、水資源が慎重に管理されることを確実にする戦略目標を確立することを目指しています。  

当社は、すべての事業の成功にとって安全性を基本的な構成要素と考えています。当社は、すべての事業の成功にとって安全を基本的な構成要素と考えています。当社は引き続き、個人やプロセスの安全性に重点を置いており、そして、結果に誇りを持つ一方で、Drive to Zeroの目標に達するまでは、安全性のコミットメントを諦めません。同時に、当社は良き企業市民として働き、約束事やボランティア活動を通じて、当社が活動する地域社会に 真心を示しています。当社の社員は2017年再び立ち上がり、地域社会でボランティア活動を行うとともに全社でサステナビリティの取り組みを実施しました。これらは、当社のサステナビリティへのコミットメントを示すためのいくつかの例に過ぎません。当社は、責任を持って事業を改善し、時間、人材、資源をこれらの重要な努力に捧げるための新しい革新的な方法を絶えず追及していきます。当社がこれまでに行った進歩についてのご意見を、ぜひともお聞かせください。そして、キャボット’のサステナビリティの道のりに関するご質問がある場合は、ぜひ連絡してください。