ガバナンス

キャボットのリーダーシップチームは、事前確認とバランスが適切に保たれたしかるべきレベルで意思決定を行います。

取締役会は、その任務の遂行を促進する委員会を任命します。委員会では、複雑さや技術的な性質、詳細のレベル、時間的な制約などで、大人数の取締役会で対応するには不向きであったり、あるいは適切な企業ガバナンスの原則に基づいて、重要案件を扱います。


Board Member Audit Compensation Executive Governance & Nominating SHE & Sustainability
Cynthia Arnold

M
Juan Enriquez M
Sean D. Keohane     M
   
William C. Kirby
M
Michael M. Morrow CC
M
John F. O’Brien CC M M
Patrick M. Prevost
M
Sue H. Rataj
CC CC
Frank A. Wilson M

Matthias Wolfgruber

M
CC
Mark S. Wrighton M
Christine Yan        
  • M = メンバー
  • CC = 委員長

効果的な取締役会の機能を促進し、適切な専門知識と主体性と多様性のバランス維持に役立てるために取締役会が採用した Corporate Governance Guidelines や、キャボットの委員会の設立許可書など、ガバナンスに関する主要文書は以下でダウンロードできます。



取締役会へのお問い合わせ

キャボットの会計、内部会計統制、または監査に関する苦情や懸念は、監査委員会議長に直接伝達されます。その他の問題に関する懸念は、キャボットの非常勤業務執行取締役会長に直接伝達されます。すべてのコミュニケーションは、キャボットのコンプライアンス対策室にも伝達されます。監査委員会および取締役会とは、匿名でコミュニケーションすることもできます。

監査委員会

キャボットの会計、内部会計統制、または監査関連の事柄について問題を報告します。

取締役会


郵送先

Cabot Corporation Board of Directors c/o Alertline Anonymous 

P.O.Box 3767 13950 

Ballantyne Corporate Place Suite 300 

Charlotte, NC 28277